Page 2 of 2

2013 Japan Expo 14th IMPACT 参加決定!

皆さんこんにちは、僕達の活動に進展があったのでここに記します。先日、07月04日から4日間、フランス・パリノール ヴィルパント展示会会場で開催される2013 Japan Expo 14th IMPACTに申し込みが完了しました。これで晴れて正式に皆さんに告知することができます。 2013JE14 そう、僕達はフランスに行きます。そこで自身のサークルの作品や僕達の活動に賛同してくださるサークル様の作品を委託販売の形式で取り扱い同人音楽を海外にも認知させるべく、各サークル様と共同出展を行います。 後ほど現在決定している詳細やスケジュールをポストしますので、Japan Expoへの出展に興味のある同人音楽サークル様はそちらにも目を通して頂き、ご協力いただけるサークル様はフォームよりご連絡をいただけますと幸いです。

showdo records 発足のお知らせ

“About your circle” はじめは僕達に届けられた一通のメールでした。 私達が主催しているPOPNESSSEIZETHEWORLDというサークル宛てに届けられたそのメッセージには我々のサークルの楽曲に対する感想と共に、同人音楽というフィールドで活動する作家達が作るユニークな楽曲群に対する興味と、日本以外に住む彼らがそれを手にするということがいかに難しいかという内容で綴られていました。(実際、彼は多くのサークルにコンタクトを取るべくメッセージを送信したが、返信があったのは我々だけだったという事でした。) 彼だけではありません、その後も何人かの海外に住む友人(顔を合わせたことはありませんがあえて友人と書きます)から感想を頂くと共に「音源を売って欲しい」というような連絡があり、アメリカ・ロシア・フランス等の国々の方々に販売を行いました。 彼らは非常に積極的でした、音源を手に入れることをとても楽しみにしていました。そしてそれは僕達をもワクワクさせました。”同人音楽”という日本のオタク文化から派生したカウンターカルチャーの一旦が彼らの心をワクワクさせる事ができたこと、そして自分達の作った楽曲が日本という枠を越えて海外でも「面白い」「かっこいい」「クールだ」と感じてもらえたこと、そして新たな興味と願望が僕らに沸きました―――。 同人音楽の存在はまだ海外ではそれほど認知されていません、しかし彼らのように自ら調べ、コンタクトを取り、場合によっては日本まで足を運びそれらを手に入れようとしている若者達がいることは事実です。 海外への発送は送料などが多くかかるため、コンタクトを取ってきた彼らには当初「我々の頒布物であればデータ形式で良ければ無料であげる」といいましたが、彼らは皆、一様に「CD音源が欲しいんだ」とあくまでCD(手に取れるモノ)として欲しいということを強調しました。私たちの音楽はとっくにyoutubeや海外のアップローダーにアップされていますし、そしてそれは検索すれば出てきます。 しかし彼らが欲しいのは”データ”ではありません―――。 同人音楽の存在を海外にも広めるためのWEBSHOP/レコードレーベル showdo recordsを発足しました。 – showdo records 一同 –

Newer posts »